18103467289161317_edited_edited.png

ABOUT M.HANA

俳優・自然保護活動家    華 みき

 

日本自然保護協会 自然観察指導員。

「ふじさんゼロゴミアクション」アドバイザー。

 

東京生まれ。

幼少期は京都の里山で育ち、その後東京在住。

 

文化学園大学にて国際ファッション文化学を学び、

卒業後、モデル・女優を始める。

​CM・映画・舞台を中心に、活動。

 

父親の影響で、1990年から2005年、

春は秩父・奥多摩・丹沢、

夏と秋は南アルプスの山脈を登る体験を15年間毎年続け、

南アルプス3000m峰を全山踏破し五感で自然を体感する。

 

その経験の中、自然に対する畏敬(いけい)の念を感じ、

人間は自然の循環の一部であるという考えが生まれる。

自然と共存できるライフスタイルや社会の方向性はないのかと

常に模索する中、人間と自然界をつなげる役割を担おうと

心に決める。

「自然と共にあること」をテーマにし、

2020年10月に自然保護活動家として新たなスタートをきる。

同時に世界各地68組83名の「自然を見つめる目」を集め

リレー形式で綴った自然ドキュメンタリー映画

「If we'd only see−みることができれば」を発表。

企画・監督・編集・ナレーションを手がけ話題を呼ぶ。

 

「自然と共にあること」は華のライフスタイルにも及び、

ヨガやダンス、ガーデニングなどを通じて

心と体の美しい在り方を、遊び心を持って探求している。

 

サイドワークとして、

長年のモデル活動で得た美へのヒントを織り交ぜた中国茶会や、

2019年より北区の障がいのある子どもと親の劇団「はなまる」の講師に就任するなど、からだからアプローチをする演劇ワークショップのオーガナイザーにも定評がある。

​2021年3月11日より

沖縄ラジオの新番組「華みきのあしびなー」にて

メインパーソナリティーを務める。

沖縄の自然と文化芸術の発信、

華の自然保護活動を発信する番組として注目のスタートをきる。

 

Miki Hana was born and raised in Tokyo, Japan. Miki graduated from Bunka Gakuen University with a degree in International Cultural Studies. Miki has established her acting career through the major appearance in movies, stage plays, and TV commecials. Aside from acting, Miki is known for her extensive activities and special skills such as Chinese tea advisor, alpinist, and Nature Conservation Activist.